知らないと損をする!?こんなものまで買い取ってもらえます

お手頃価格で買った着物も汚れた物も大丈夫

着物の買取を謳った広告はよく見かけます。「高価買取」と書いてあっても、あまり惹かれないという人は多いでしょう。一般人の着物買取に対するイメージは定着していますよね。例えば「泥大島が高く買い取ってもらえた」「加賀友禅が高値で売れた」というような話。聞いてもそれは当然だと考えますよね。もともとが着物の最高峰。高価なのですから。
でも、諦めないで下さい。伝統技法で作られたものでなくても売れる場合があるんです。数回使っただけの訪問着、成人式で着た着物などタンスに眠っていたら出してみて下さい。意外に買い取ってもらえる物があるんです。少しくらい汚れていても大丈夫という業者さんも存在します。まずはネットで検索。メールや電話で連絡をとってみましょう。

中古の着物にどんな需要があるのでしょうか

お高い伝統工芸の着物であれば、売れるのはわかります。でも、そこそこのお値段で購入した着物の需要はあるのか考えてしまいますよね。それがあるんです。高価でなくとも着物が必要なところ。
例えば、ちょっと高級な料亭。仲居さんは着物を着ていますよね。これが新品の化繊だったら見て分かりますし、ちょっとひいてしまいます。お客様よりいい物を着るのも接客マナーとして駄目。中くらいのお品がいいんです。数が必要ですので中古の品物はありがたい存在です。
着付け教室にも需要はあります。慣れない生徒さんに教えるために普段使える着物は必要です。少しくらいのシミは気にしません。
ですから、家にあるものは恥ずかしがらずに業者さんに見てもらいましょう。しっかりしたプロのいるお店は査定を嫌がりません。近所になければ宅配キッドを送ってもらいましょう。安いものでも汚れていても査定してくれるところに頼みましょう。