リメイクで驚きの生まれ変わり!増えつつある着物買取のニーズ

中古着物はおしゃれ着や小物にも変身

大正から昭和初期の頃に作られていた着物は、モダンなデザインで人気があります。特に、銘仙は、女学生が好んで着ていた絹織物の生地で、大胆な柄やコントラストの利いた色合いで根強い人気があり、復刻版の反物もメーカーから発売されています。
しかし、持ち主が気に入って着ていた着物ほど、シミや汚れがひどい場合があり、中古着物を生地として購入する方もいます。使える部分だけをつなぎ合わせ、洋服や小物にリメイクできます。着物はパーツごとに分けると、長方形の生地となり再利用しやすいですし、おはしょりの部分が長く取ってありますので、子供用の着物でも成人女性用のチュニックワンピースにリメイクできることがあります。袖無しのワンピースや、ベストと膝下丈のスカートのセットアップ等のおしゃれ着としてリメイクできるのです。
正絹の上等な生地であれば、フォーマルドレスとして活用するといいでしょう。中古着物店で購入した振り袖と帯をリメイクして、振り袖をドレスやピアス、コサージュやピアス等のアクセサリーに作り替え、帯をドレスに合わせたバッグにしてコーディネートしている方も見られます。

着物のリメイクが人気となった背景と着物の買取

着物生地のリメイクが人気となっているのは、多くの人が着物生地の良さを再認識したこともあるかもしれませんが、家にあるおばあさんやお母さんの着物に愛着があり、処分するのがもったいないと感じる方が増えたのも原因と思われます。中古着物として買取してもらえば、次に利用する方に着てもらえます。国際交流の一環として、アジア諸国の方に贈ると喜ばれることもありますし、実際に購入される方もいるのです。
傷みが激しく着用が難しい買取された着物は、そのまま処分される訳ではなく、はぎれとして販売されるので無駄にはなりません。むしろ、洋風の生地にない柄や風合いの良さが好まれる場合があり、好んで購入する方もいます。着物を洋服や雑貨にリメイクするための手芸用の書籍が出版されていて、初心者向けに型紙も付録で付いていますし、ミシンがなくても手縫いでできるように配慮されているものもあります。一見、着物に縁がないと思われる若い女性の中には、紬のような丈夫な中古着物の生地のはぎれを購入し、スマホケースを作って持ち歩いている方もいます。